産後、妊娠線が赤い!どうすればいい?

No Comments

妊娠中もいろいろありますが、産後にもいろいろ体は変化し、
悩みが尽きないという方が多いみたいですね。

妊娠線も産後の女性を悩ませることの一つになっているみたいです。

妊娠線は、妊娠中から出来てしまうものなんですが、
産後にも妊娠線が赤いし、痛いというような症状に
困っているという方が結構いるようです。

産後に妊娠線が赤いというのは、良いことではないのでしょうか?
どうして、赤い状態になるのでしょうか?
そして、どんなケアをすれば良いのでしょう?

産後の妊娠線の赤い状態に悩んでいる方は、
参考にしてみて下さいね。

〇産後に妊娠線が赤い状態は良くない?

妊娠線が赤いというのは、どうして起こるのでしょう?
もともと、妊娠線はどのような仕組みで出来るのでしょう?

・妊娠線はどうして出来るの?

皮膚は、一番奥から言うと、
皮下組織、真皮、表皮という3つから出来ています。

表皮は柔らかくて、皮膚が急激に伸びても対応出来ますが、
その下にある真皮や皮下組織部分は、柔らかくないので、
皮膚の急激な伸びには耐えられず、組織が壊れます。

これが、妊娠線などの肉割れが起きる原因となるんです。

急に太ったりして体型が変わると肉割れがするのはよくあり、
妊娠して肉割れして妊娠線になるのも嬉しくはないので
どうにかして消せないものか?と思ってしまいます。

・ある程度は仕方がない

妊娠線は、予防ケアが出来るとは言っても、
予防したからといって100%大丈夫ということでもないです。

ケアをしっかりしていたつもりでも、もともとの体質などで
出来やすいこともありますし、妊娠線がたくさん出来たり、
痛みさえも感じることもあります。

妊娠線が赤いというのは、皮膚の奥で起きている
ケガということだからです。

表皮は対応しきれたものの、真皮や皮下組織が対応できず、
組織が破壊されて、内出血が起きてしまうので、
赤いような感じに見えるというわけです。

なので、産後に妊娠線が赤いということに気付いても
心配したり、不安になったりしなくても平気です。

〇産後に妊娠線が赤い時のケアは?

産後に妊娠線が赤い時のケアは、
妊娠線を目立たせなくするケアと同じなんです。

痛みがひどかったり赤い時も、だいたいは自分のケアで
対処することが出来ます。

産後は多忙で、妊娠線のケアをさぼってしまうと思いますが、
出来れば毎日保湿だけはするようにしましょう。

そうしていれば、赤い妊娠線もちょっとずつ
良くなりますよ。

人によって差があるのですが、産後1年くらいで
妊娠線の辛い症状は治まると言われているので、
諦めることなくケアをしていきましょうね。

Categories: Uncategorized タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です